マスコミ情報操作撃退作戦 メディアリテラシー研究会

アクセスカウンタ

zoom RSS 差別問題解決という大義名分の下に結局は利権に貪る怪しい団体の温床となり、結局は被差別団体そのものが白

<<   作成日時 : 2006/09/10 19:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

差別問題解決という大義名分の下に結局は利権に貪る怪しい団体の温床となり、結局は被差別団体そのものが白眼視された/ミギもヒダリも主張は正反対のように見えて、明日の生活の糧を獲得するためにイデオロギーや社会問題を振りかざしている
 以下はhttp://8201.teacup.com/bluestars777/bbsより。運動を食い物にしている人達を早く見つけ出し、糾明すること、それにはやはりメディアの勇気もしくは内部告発が欠かせないと思う。

Re: 品格を持て! ?投稿者:安倍貞任 ?投稿日: 9月 9日(土)21時50分59秒
  引用

?事実かどうかは知りませんが、かつて蓮池透氏は、義援金の一部を勝手に流用し立派な宣伝活動車を購入した救う会幹部の会話のやり取りを著作の中で告発していました。

以下は当掲示板に迷惑がかかるようなら削除していただいて構いません。

かつて部落差別がもたらす貧困を解消するために設置された法律や公共による経済的救済策が、差別問題解決という大義名分の下に結局は利権に貪る怪しい団体の温床となり、結局は被差別団体そのものが白眼視された。

ポリさんへの一件も、結局は不正を指摘されたことから起因するのであれば、不適格団体にとっては所詮は拉致問題を利用して団体存続のためのヒトとカネの獲得が目的でしかなかったことなのでは?

所詮、ミギもヒダリも主張は正反対のように見えて、明日の生活の糧を獲得するためにイデオロギーや社会問題を振りかざしているだけではないか。
もしそうなのであれば、主張が正しいとか正しくないとかいう前に、どちらにも根ざす共通の欠陥が存在することをまず認識しなければならない。

不愉快に思われる人も多いでしょうし、こちらにも誤解があるかもしれませんが、北朝鮮問題の解決に関わる団体・組織は今後ある程度、国からの支援、予算というものがつくのではないか。
そのときに問題解決とは裏腹に、そのお金目当てに群がる不心得者が少数とはいえ出てくるのは間違いないでしょう。

そしてその一部でも告発され公になれば、社会的信頼が失墜し、長い目で見れば世論の支持を失うことにつながりかねない。

利権に群がる運動団体が仮に出てきて、国民を裏切ることになったとしても、ご承知のように部落差別がなくなったわけではなく、被害者が帰国できないかぎり拉致問題が終わるわけでもないことは確かですが、被害者の心を踏みにじるようなことだけはしないで欲しい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レイバン
差別問題解決という大義名分の下に結局は利権に貪る怪しい団体の温床となり、結局は被差別団体そのものが白 マスコミ情報操作撃退作戦 メディアリテラシー研究会/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン
2013/07/05 15:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
差別問題解決という大義名分の下に結局は利権に貪る怪しい団体の温床となり、結局は被差別団体そのものが白 マスコミ情報操作撃退作戦 メディアリテラシー研究会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる