アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「中国批判」のブログ記事

みんなの「中国批判」ブログ

タイトル 日 時
中共のこの言論封じ込め作戦は裏目にでるのでは?
思想、言論の締め付けを強める胡錦濤政権が発した文化統制宣言  以下はhttp://ryou1kanou.seesaa.net/article/23820311.htmlより。中共のこの言論封じ込め作戦は裏目にでるのではなかろうか。それにしてもそれに音無の構えの日本メディアはだらしない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/09/19 11:27
言論の自由の無い国で反体制者をテロリスト呼ばわりとは!
このご時世に人の目、耳をふさごうとする規制強化は、崩壊を何とか阻止しようという必死さの裏返しか。そんな中国、今度はノーベル平和賞がらみで何やら必死に  以下はhttp://yajizamurai.blog24.fc2.com/blog-entry-690.htmlより。言論の自由の無い国で反体制者をテロリスト呼ばわりとは! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 24 / コメント 0

2006/09/17 13:32
我々日本人が、慰霊に関してこのような素直な恩讐にこだわらない「情」をもっていることを感謝
薩摩と堺に特殊な関係があった/堺は薩摩の「海の玄関」だった/我々日本人が、慰霊に関してこのような素直な恩讐にこだわらない「情」をもっていることを感謝  以下はhttp://www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgiより。久し振りに西村真悟氏の良い記事を読んだ。元気になられたようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 17 / コメント 0

2006/09/16 11:09
クライン孝子女史の啖呵に拍手喝采
おかしいなと思うのは日本のマスコミの姿勢!/ドイツなんて早速、抗議しているのに/なぜにほんのマスコミは中国に抗議しないのでしょう?/いやなぜ日本政府に、中国に抗議するよう、申しいれないの でしょう?  以下はhttp://www2.diary.ne.jp/user/119209/より。クライン孝子女史の啖呵に拍手喝采したい。《国内における報道の自由ではすぐ、大きな声を挙げるくせに。とくにNHK,日経、朝日さんなど、こういうときだけ猫のようにおとなしくしている。不可解ですねえ》これも素晴らしい... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/09/16 10:37
中国にとって都合のわるいニュースにふた/早いうちに中国の裏面、恥部、落とし穴、黒社会といったところも
中国にとって都合のわるいニュースにふた/早いうちに中国の裏面、恥部、落とし穴、黒社会といったところもどんどん報道しておきたい/昨夜放映のテレビ朝日「報道ステーション」は貴重  以下はhttp://oshimas.iza.ne.jp/blog/entry/38816/より。昨夜放映のテレビ朝日「報道ステーション」は見たが、テレビ朝日には珍しいくらいの番組であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 0

2006/09/14 11:22
違法に逮捕して拘束し臓器を取り出して、勝手に移植に回している現状を伝えたい
 以下はhttp://blog.goo.ne.jp/keiji-t-1956/e/3c7845310df179ff3b915995585dab5bより。抗議の座り込みをしている法輪功の学習者達は日本の国益にもかなっているので応援したい。それにしても、主要メディアは中国様が怖くて・・・。情けない限り。恥を知って欲しいもの。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/09/12 11:32
わざわざ自分達に都合の良い事を言ってくれる人/今度は中国に出向いて何やら動いて
大江健三郎については思い出深いものがある。以下は拙書より。 《愛媛県出身、大江健三郎氏の「弱者を狙い打ちしたむごい仕打ち」という趣旨の寄稿を始め、愛媛新聞を筆頭としたマスコミによる愛媛県教委へのバッシングは執拗を極めたものであった。例えば、十三年八月九日の愛媛新聞での県教委教科書採択決定に関する報道では一面を含む三頁に跨がって採択側を悪玉、反対側を善玉として、「愛媛県教委へ抗議を!」と読者を誘導していた。この異常さについては私の知人の愛媛新聞社OBも「戦後、改革が全く進んでいないのが、実質的寡... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/11 10:29
中国共産党と日夜闘う法輪功の人たち/中共の人権を無視した実態を実演していると、多くの人から「頑張って
中国共産党と日夜闘う法輪功の人たち/中共の人権を無視した実態を実演していると、多くの人から「頑張って」と励まされるそうです。日本ではどうだろうか  以下はhttp://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/37035/より。「日本ではどうだろうか」 日本の主要メディアは産経も含めて、全く報道しません。多分、中国が怖い、そして我が身がかわいいのでしょう。そして、日本政府と外務省も。戦略的にでも活用する術はある筈なのに。「戦略」を意識することすら怖いのでしょうね。責任を問われます... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/11 10:14
摩擦や対立は誰が首相であっても早晩起きた/毎日新聞の社説ですが、至極まっとうな内容
 以下はhttp://ameblo.jp/lancer1/entry-10016628907.htmlより。毎日の記事は時々良いことを言うと思っていたが、この社説は評価できる。最近の読売などよりはずーっとマシだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 29 / コメント 0

2006/09/06 14:49
欧米では既に問題となっている臓器移植に関わる問題/大手マスコミではほとんど自明の理となっている。だが
欧米では既に問題となっている臓器移植に関わる問題/大手マスコミではほとんど自明の理となっている。だが、記事になることはまずない/国政府の逆鱗に触れ支局閉鎖や支局員の強制送還に怯えているから/記事にしても上で潰されてしまう/大手マスコミは情報を遮断されてしまうことに異様なほどの恐怖感を抱いている  以下はhttp://blog.goo.ne.jp/keiji-t-1956/より。私も彼等の展示は見たことがある。「情報を遮断されてしまうことに異様なほどの恐怖感を抱いている」ような大手マスコミならい... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/09/05 11:27

トップへ | みんなの「中国批判」ブログ

マスコミ情報操作撃退作戦 メディアリテラシー研究会 中国批判のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる