マスコミ情報操作撃退作戦 メディアリテラシー研究会

アクセスカウンタ

zoom RSS 自分の思いこみをゲストに押しつけるばかりで、不愉快な番組

<<   作成日時 : 2006/09/18 13:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 以下はhttp://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/40648/より。田原総一朗氏の番組は最近殆ど見ない。安倍さんもああいうのに全てお付き合いしなくても良いと思う。

アジアの子ども達に学校をつくる議員の会

 きょうのテレビ朝日のサンデープロジェクトを見ていると、司会の田原総一朗氏がGHQが昭和20年12月に新聞各紙に連載を強要した「太平洋戦争史」を振りかざし、「新聞全紙がこう書いたのだから、これが日本の公式見解だ」みたいな話をしていました。相変わらず、根拠の分からない自分の思いこみをゲストに押しつけるばかりで、不愉快な番組です。
??
 私はこのブログで何度か書いてきましたが、はっきり言って、政治家に歴史認識を決めてもらおうなんて思っていません。国政選挙で投票するときに、「過去の歴史解釈を委ねよう」なんて思って投票する有権者がどれだけいるでしょうか。

 安倍晋三官房長官に対し、執拗に「シロかクロか」と迫る田原氏の姿は異様でした(エコノミストの吉崎達彦さんのコメントはよかった)。安倍氏が反論材料として、やはりGHQがNHKに放送させた「真相はこうだ」「真相箱」に言及していたのはさすがでした。
??
 安倍氏は最近、「マスコミは村山談話が好きだなあ。一般国民にそんなに関心のあるテーマじゃないだろう」と苦笑していますが、戦後60年以上もたって、何で「総括しろ、総括しろ」と言い募るのか。「日本には歴史問題を永遠に言い続けなければならない」という中国の江沢民前国家主席の思うつぼではないでしょうか。
??
 ともあれ、安倍氏のアジア外交を心配する声が自民党内にも財界にもあるわけですが、このブログの読者の方々は百も承知のように、アジアは「特定アジア」だけではありません。中共とは、安倍氏のいうように「政経分離」でつきあい、利用できる分は利用すればいいのだと思います。まあ、心配しなくても、中国も日本との関係改善を求めてシグナルを送ってきていますが。
??
 安倍氏は別にアジア一般ともめているわけでもなんでもありません。私も最近知ったことですが、安倍氏が会長を務めている議員連盟に、「アジアの子ども達に学校をつくる議員の会」というものがあります。この会は安倍氏が無役だった9年前に発足し、「教育は国の礎」という観点から、加盟議員が毎月ポケットマネーから1万円出し、カンボジア、ラオス、ミャンマーで小学校を建設しています(現在まで計6校完成)。
??
 有名な「拉致議連」をはじめ、議員連盟というものは数え切れないくらいあるのですが、ふつう、会費は月数百円から数千円で、1万円を超える会費は珍しいです。安倍氏は幹事長時代にはインドを訪問しているし、台湾との関係も非常に良好です。

 安倍氏がよく誤解・曲解されて言われるように「アジアに関心がない」わけではないことが、こうした活動からも分かると思います。ただ、「特ア」を特別視していないだけです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
福田はアジア軽視
http://news.livedoor.com/topics/detail/3308412/靖国参拝しないことがアジア外交を重視している証らしいが実際はアジア重視や友好などではではなく中国共産党、南北朝鮮、華僑への屈服に他ならない ...続きを見る
ラサのブログ
2007/09/15 17:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自分の思いこみをゲストに押しつけるばかりで、不愉快な番組 マスコミ情報操作撃退作戦 メディアリテラシー研究会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる