マスコミ情報操作撃退作戦 メディアリテラシー研究会

アクセスカウンタ

zoom RSS 極めて典型的な左翼記事である。こんな記事なら週刊金曜日に任せておけば良い

<<   作成日時 : 2006/09/16 11:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 以下はhttp://www.ohmynews.co.jp/News.aspx?news_id=000000000422より。

人権擁護法案、委員は日本人限定 
 ひとつの視点から見えない差別もあるのでは 大島 徹
?
 毎日新聞8月30日の記事に、「人権擁護法案再提出を目指す法務省は、人権相談にあたる人権擁護委員を日本人に限定する方針を固めた。当初は外国人にも門戸を開いていたが、自民党一部右派から特定の団体の影響力が強まると異論が出たことに配慮して修正した」とあった。

 今、日本には様々な差別が存在している。まだ記憶に新しい北朝鮮のミサイル実験では、朝鮮学校に脅迫電話が多くかかるだけでなく児童を暴行するという事件まで起こっている。

 確かにミサイルを発射するなんて穏やかじゃない。それが隣国ならなおさら不安になってしまう。しかしだからといって直接関係のないところに犯罪行為で抗議するなんて筋が通らない。それはもはやナショナリズムに走った差別だと思う。

 日本人にはわからない差別に苦しむ在日外国人は少なくない。だが彼らは日本の中では少数派である。圧倒的多数である日本人には見えない差別から、彼らを救済するにはやはり日本人以外の視点、当事者の視点が必要不可欠のはずだ。

 差別を受けるのはいつの時代も少数派である。大のために小を切るのではなく、大小すべてが平等となって初めて人権救済と言える。日本人だけが救済される法案ではなく日本に住むみんなが平等となる法案を目指してほしい。
2006-09-15 17:05 (C)2006?OhmyNews

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オークリー
極めて典型的な左翼記事である。こんな記事なら週刊金曜日に任せておけば良い マスコミ情報操作撃退作戦 メディアリテラシー研究会/ウェブリブログ ...続きを見る
オークリー
2013/07/05 19:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
極めて典型的な左翼記事である。こんな記事なら週刊金曜日に任せておけば良い マスコミ情報操作撃退作戦 メディアリテラシー研究会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる