マスコミ情報操作撃退作戦 メディアリテラシー研究会

アクセスカウンタ

zoom RSS 怪しげな外国人/石原さんの東京には、花をもたせたくないというのが、朝日の本音

<<   作成日時 : 2006/08/31 11:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

以下はhttp://www.asahi.com/politics/update/0830/009.htmlより。東大には姜尚中の外に、小森陽一、上野千鶴子、高橋哲哉などおかしな教授が少なくない。こうした状態がいつまでつづくのだろうか。そのことを批判するメディアや知識人もいない。石原都知事を除いては。

姜尚中氏の福岡応援に石原知事反発 「怪しげな外国人」
 五輪の国内立候補都市を巡り、石原慎太郎・東京都知事が、福岡市の応援演説をした姜尚中・東大教授に激しく反発、「怪しげな外国人」などとかみついた。
 姜教授は演説で「金持ちの、金持ちによる、金持ちのためのオリンピックで、世界に勝てますか」と東京を批判。すると、続く東京側のプレゼンテーションで石原知事が「さっき、どこか外国の学者さんが東京は理念がないとおっしゃっていた。何のゆえんだかわかりませんが」と発言。その後の祝賀パーティーのあいさつでも「怪しげな外国人が出てきてね。生意気だ、あいつは」などと述べた。
 姜教授は在日韓国人2世で、熊本で生まれ育った。

 朝日新聞はいつものことながら、「激しく反発」「かみついた」などと石原都知事のマイナスの印象操作に余念がない。
 関連する次の記事はhttp://oshimas.iza.ne.jp/blog/entry/32030/より。朝日新聞批判が小気味良い。

朝日さん、東京五輪に不満ですか
 石原慎太郎東京都知事は、色紙などを書くのを好まない。以前、そんなことをつゆ知らずに、あつかましくもお願いしたことがある。そのときは、とても上機嫌で(だから、頼んでみたのだが)、あ、いいですよ、と、すぐに机にむかって筆を手にした。うわさに聞いていた通り、左手に筆をもって、さらさらとしたためた。けさの産経新聞スポーツ面に五輪候補地に決定後、契約締結の署名をする石原知事と、JOCの竹田恒和会長の写真が掲載されている。万年筆を左手にもった石原さんをみて、昔のことを思い出した。?
 石原さんは色紙に、「人生は情念を演じる劇場である」と書いた。広辞苑によれば、情念とは、心に湧く感情や心に起こる思念という。福岡市と争った国内候補地えらびで、石原さんの情念は一段ともえあがったにちがいない。新聞記事でしかその動きは知らないが、とにかく、東京誘致にむけて奔走していた石原さんからそういう印象をうけた。?
 けさの産経新聞によると、プレゼンテーションの場で、福岡側の姜尚中東大教授が、「金持ちの、金持ちによる、金持ちのためのオリンピックで勝てるのか」と述べたのに対して、石原知事は、「努力して財政を再建したが、それをもって金持ちなのか」と反論したとか。ここにも石原さんの情念を感じる。?
 案の定、朝日新聞は、東京五輪に不快感を隠そうともしない。「天声人語」は、「都は『アジアで初めてとなる2回目の五輪』を掲げるが、どれほどの意味があるのか。もし五輪を新しい改造のきっかけにするなら、前の五輪の功罪を見つめることが肝要だ」という。「社説」のほうも、まったく同じように「東京は開催プランの中で『アジアで初めてとなる2回目の開催を東京で』と、招致の意義を説く。これではとても世界に訴える力があるとは思えない」と述べている。そして、「『三国人』発言などで国内外で物議をかもし、アジア近隣諸国を刺激することの多い石原都知事も、国際都市・東京のイメージアップを真剣に考える必要があるだろう」と続けている。石原さんの東京には、花をもたせたくないというのが、朝日の本音であろう。?
 42年前の東京オリンピックが懐かしい。ひたひたと走るマラソン金メダルのアベベ選手の姿をいまも鮮明に覚えている。しかし、多くの日本人は、東京五輪を知らないのだ。いま、中国政府は、北京オリンピックに全力をあげている。五輪を人民融合の一大イベントとし、中国共産党の正当性と正統性を強化したいという政治的な目標があるから真剣だ。さいわい、1回目はともかく2回目の東京五輪には、そういったぎらぎらした国家目標は希薄である。のびのびと、ほんとうに全国民がたのしめる、さわやかなオリンピックにすることが可能だと思う。東京五輪実現のため、石原さんのさらなる情念に期待したい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
東京五輪 本当は2020年に開催するつもりだが
正直に言うと、私自身は決めかねている。 賛成するにも反対するにも、どちらにするべきかをきちんと考えたことが無いからだ。 ...続きを見る
猫の遠吠え(2nd)
2006/08/31 14:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
怪しげな外国人/石原さんの東京には、花をもたせたくないというのが、朝日の本音 マスコミ情報操作撃退作戦 メディアリテラシー研究会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる